クレカ選びでお困りの男性必見!男性におすすめ出来るクレジットカード

「クレジットカードを作ろうと思ったこともなかった」という男性。

ちょっと待ってください!クレジットカードを持っていることは、便利になるだけでなく、ステータスにも大きく影響していきます。

それでは男性はどのようなクレジットカードを持てば良いのか一緒に見ていきましょう。

男性がクレジットカードを持つと良いこと

高額の買い物をするときでも多額の現金を持ち歩く必要がありません。

最近はポイントを貯めるために普段の買い物もクレジットカードでする人が増えています。

コンビニやスーパーでクレジットカード払いをすると、時間がかかってしまいますが、サイン不要の電子マネーをカードに追加することができます。

プリペイド型の「Suica」「Pitapa」「nanaco」「WAON」「Edy」のほか、チャージ不要で後払いの「iD」「QUICPay」などがあります。

これでほぼ現金が不要に。いつもスマートに支払いができます。

クレジットカードの便利さとして、これを実感している人は多いのではないでしょうか。「急な飲み会」「けがをして医療費がかかった」などの予期せぬ出費の機会が給料日前で持ち合わせがなくても慌てる必要なし

また、デートで食事をごちそうしてあげるときなど、クレジットカードだとスマートな支払いができます。実は「お支払い」での振る舞いは意外と見られています。

あなたが男性で、「お金が足りるかちょっと不安げに財布の中身をチェック」「小銭をたくさん出して支払いに手間取った」場合、一緒にいる女性が心配してしまいますが、カードがあれば安心です。

【クレジットカードに関する総合調査】(2015年版)によると、クレジットカード保有者の平均利用額は、年間で約60万円。ポイントが平均1%だった場合は6,000円分貯まることになります。もちろん、ポイントアップできるキャンペーンやクレジットカード特典を上手に利用すればもっと増やせます。「節約」という点でもクレジットカードは役に立つといえます。

「新社会人としてクレジットカードを作る」ことは、便利さだけではなく、実は重要な意義があります。それは、自分の信用履歴を残すということです。クレジットカードをきちんと使っていくと信用度がアップします。ゴールドカードなどステータスの高いカードは審査基準が厳しいですが、一般カードを一定期間正しく使って信用履歴を積み上げると持てるようになります。

海外旅行をきっかけにクレジットカードを作る人も多いでしょう。海外旅行はもちろん、国内旅行でも便利です。

また、海外で使う現金については、空港などで円を外貨に両替するよりも、現地で使えるクレジットカードでキャッシングをしたほうがレートがお得なことが多いのです。

「海外旅行保険」、国内外で購入した商品の破損や盗難が補償される「ショッピング保険」など付帯しているカード、オプションで「傷害保険」や「賠償責任保険」に低料金で加入できるカードなどがあります。

毎月どこにいくら支払ったかについて、Web上のマイページで確認でき、記録が残って家計管理がしやすくなります。携帯電話通話料金や公共料金もクレジットカード払いにしておけばWeb上に一定期間履歴が保存されるので、「年間光熱費」の把握も簡単です。

参照:マルクレ|クレジットカードの困ったを解決!

男性におすすめのクレジットカード紹介

▼「信頼感」で選ぶおすすめのクレジットカード

三井住友デビュープラスカード

三井住友のブランドはもちろん、日本で初めてVISA提携カードを発行した歴史と実績もあります。

26歳以降のカード更新のタイミングで三井住友VISAプライムゴールドカード、30歳以降は三井住友VISAゴールドカードへと、無理なくステータスアップしていけます。

VIASOカード

安心感がある三菱UFJニコスのブランドのなかで年会費無料のカードがこちらです。貯まったポイントが「オートキャッシュバック」されるので、ポイント交換などの手間が不要です。

その他にもカード選びの基準はいろいろあります。

▼海外旅行保険つきのカードを選ぶ

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • エポスカード

▼マイルが貯まりやすいカードを選ぶ

  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

  • JALカード

▼よく利用するお店のカードを作る

  • イオンカード
  • ローソンPontaカード
  • ビックカメラSuicaカード

男性がクレジットカードを使う上で気を付けること

クレジットカードは便利ですが、ついついお金を使いすぎてしまい、クレジットカードの請求額が予想外に大きくなり驚くこともあります。

現金払いでもクレジットカード払いでも、自分のお金を把握して家計管理する必要があるのは同じです。

クレジットカードの支払日には、指定口座の残高が1円でも足りないと引き落としがされません。

クレジットカードを使う人が絶対にやってはいけないのがこの「残高不足」です。

万一引き落としができない場合は、「延滞」となり、クレジットカードの信用履歴に記録が残ってしまい、また、延滞損害金を支払う必要が出てきます。

万一延滞してしまった場合にはできるだけ速やかに、できれば当日中に入金してカード会社に連絡すれば、延滞損害金は支払わずに済むことが多いのですが、延滞の履歴は消せません。

「延滞は絶対ダメ」と肝に銘じておきましょう。

クレジットカード10万円、20万円…などの利用限度枠が設定されていて、ひと月の利用額が限度枠に達したら、それ以上は使えません。

このことをよく認識せずにカードを使っていくと、ある日レジでカードを差し出したら、「このカードは利用できません」と言われてしまいます。

まだ信用履歴が少ない20代社会人の場合、カード申込当初の利用限度枠は限定されたものになりますが、延滞なしにカードを利用していくと、翌年には限度枠がアップします。

また、一時的または継続的な「利用限度枠を引き上げ」を申請ができる場合があります。

また、カードの利用方法のうち、「分割払い」「リボ払い」など手数料がかかるものがありますから、規約をよく確認のうえ使用しましょう。

カードが盗難に遭ったり紛失したときはすぐにカード会社に連絡しましょう。ほとんどのカード会社が24時間対応ヘルプデスクで国内・海外ともに対応しています。

カードを紛失していなくても、情報を盗み読みする「スキミング」や、ネット決済で入力したカード情報のハッキングにより不正利用される恐れがあります。

これらは盗難保険で補償されるので、適切に手続きすれば請求される心配はありません。

気を付けたいのは利用明細をきちんと見ていなくて、不正利用を見逃してしまうこと。「警察に届出した日」を基準に、そこからさかのぼって一定期間内が補償の対象となっています。

まとめ

生活費のほとんどをカード払いにしてポイントをしっかり貯める人、ファッションや趣味など、特定の支出についてカードを使う人、使う金額の目安を決めている人など、人それぞれの活用法があります。

20代からクレジットカードの「自分スタイル」を作っていくことで、30代に向けてお金の使い方や貯め方も上達していくでしょう。

クレジットカードはゴールドカード、ブラックカード…と様々な視点からクレジットカードについてご紹介していきましたが、総合的にみて三井住友デビュープラスカードが社会人にとって便利で相応しいクレジットカードとしておすすめです

今から買う物すべて三井住友VISAデビュープラスカードで支払ったら、支払う金額は一緒なのに貯まったポイントで家電やギフトカードに交換できるかもしれません。
他のカードを使用している方、まだクレジットカードを持っていない方におすすめです。

18歳から利用可能で初年度年会費無料。前年1回以上のご利用があれば、翌年度以降も年会費無料。

大学入学時や就職活動にも活躍します。

ポイント数がずっと2倍で、 iD利用でもポイント2倍、 入会3ヶ月間は5倍 です。ポイントUPモール経由なら、ポイントが最大20倍になります。

全てカード払いにしてポイントを有効活用。貯まったポイントは家電やギフトカード、よく使う楽天ポイントやTポイントなどに交換ができます。

上記だけでも相当トクなのに更に最大7,000円がもらえるキャンペーン中。もし作るならこの期限内に作ることをおすすめします。